ARIKO

SÓL

2009/2/13(金)-2/24(火) 12:00-19:30

ニューヨークで写真を学び、旅・ファッション・ポートレートなど、これまで幅広いジャンルで活躍してきた写真家ARIKOの写真展を開催します。本展では、幻想的な妖精の島アイスランドでの5年間にわたる撮影から生まれた写真集『SÓL(太陽)』(赤々舎刊)よりの写真群を展示するとともに、双子をモチーフにした映像作品を発表。また、「人と、また自分の写真との新しい繋がりが作れるように…」との願いをこめ、言葉や気持ちを転写する力があるといわれている水(アイスランドの水)を来場者にプレゼントします。

「自然と動物と人間が助けあって生きている場所。地球の底とつながり、宇宙へとひらかれていく場所。写真の光や水は、始まりも終わりもすべてがそこに含まれていることを体感させてくれます。目だけではなく、まるで私たちの細胞で感じる風景のように。」

ARIKO(ありこ)/写真家
1999年パーソンズ・スクール・オブ・デザインin NY写真科卒業。ゲスト審査員アルバート・ワトソンにより卒業最優秀賞受賞。同年、写真新世紀にて佳作受賞。カリフォルニア、ニューヨークでの生活を経て、現在は東京を拠点に、旅、ファッション、ポートレートなど幅広いジャンルで活動中。2008年8月、初の写真集となる『SÓL』を発売。